牧進(まきすすむ)Susumu Maki

1936年 東京都豊島区に生まれる
1952年 川端龍子に内弟子として入門
1957年 青龍社第二十九回展(日本橋、三越本店)に<白薔薇>を出品し初入選
以後、奨励賞3回、春季展賞4回受賞
1966年 師、川端龍子逝去 青龍社解散以後、無所属、個展を中心とした制作活動
1974年 第一回川端康成文学賞の設定にあたり、表彰状に添える作品を制作、以後毎回制作
1975年 今日の日本画 第三回山種美術館賞展に<叢>を出品、優秀賞を受賞
1979年 ソ連文化相の招きで日ソ美術友好使節団の一員としてソ連を訪問
1980年 外務省の依頼により<富貴花>を制作
1981年 春夏秋冬屏風展<紋様によせて>日本橋、三越本店で開催
京都、ふたば書房から「牧進-現代の屏風絵」が刊行
外務省の依頼により<愛華霊盛>ASEAN本部に寄贈。
1982年 「日本経済新聞」夕刊連載の邸永漢「食指が動く」の挿絵を制作
1983年 東京都小平市役所竣工に当たり、壁画<樹下喜憂>を制作
朝日新聞夕刊連載のドナルドキーン「百代の過客日記にみる日本人」の挿絵を制作
外務省の依頼により、中曽根総理大臣訪問に当たり<牡丹>がフィリピン政府に、<菖蒲>がマレーシア政府に寄贈
1984年 政府依頼により、カナダブリティッシュコロンビア大学の壁画<梅紅白>を制作
「牧進画集」が講談社から刊行
1985年 諸外国との友好親善の功績により、外務省から表彰される
1986年 百花素描展>日本橋、三越本店で開催 外務省の依頼により
パリ日本人大使館公邸壁面<翔>の制作
1988年 川端康成没後15周年<川端文学を描く牧進展>日本橋三越本店にて開催
1990年 名古屋、御園座の緞帳原画<喜久遊舞>を制作
1997年 <日本の四季>パリ三越エトワールで開催
1998年 <牧進作品展>箱根、芦ノ湖 成川美術館で開催
諸外国との友好親善に尽力し、美術界の発展に寄与した功績により文部大臣から表彰
2000年 外務省の依頼により、オマーン国へ 「弥生の頃」を寄贈
2002年 伊勢神宮、神楽殿<淑気>を奉納
2003年 池上本門寺霊寳殿壁画<煌櫻>を制作
「花の調べ・春夏秋冬 牧進展」(姫路・山陰百貨店 50周年特別企画)
2004年 「四季の彩 牧進展」(日本橋三越本店)
2005年 「星星會―下田義寛・竹内浩一・田渕俊夫・牧進」(髙島屋 東京日本橋/大阪/京都/横浜/名古屋)、以後2013年の第5回展まで隔年開催。
2006年 第17回両洋の眼展(日本橋三越本店他)で、「朝清水」が河北倫明賞を受賞。
郷さくら美術館開館記念展に「三春滝桜」「菊日和」「芙蓉」を出品。
愛知県一宮市の妙興報恩禅寺の襖絵「四季生生図」を制作。
2007年 「画業50周年 牧進展~日本の美を描く~」(福岡・三越他、NHKきんきメディアプラン企画)。
髙島屋美術部創設百年記念 現代日本画・洋画 名家百画展(髙島屋 東京日本橋/京都/名古屋/大阪/横浜)。
2008年 名匠・牧進「日本画のすべて」展(箱根・芦ノ湖 成川美術館)。
2009年 日本の美「牧進展」四季生生特別展(愛知・一宮市博物館、主催=一宮市博物館、中日新聞社)。
2010年 髙島屋美術部創設百年記念「春夏秋冬”自然彩花“牧進展」(髙島屋 東京日本橋/京都/大阪/横浜/名古屋)。
2013年 「春夏秋冬―彩遊―牧進展」(日本橋三越本店他)。
2014年 「日本画の伝統と未来へ 星星會展」(北海道立近代美術館、髙島屋日本橋店、松坂屋美術館、京都文化博物館、広島県立美術館、主宰=星星會実行委員会、日本経済新聞社、NHKプロモーション)。

現在 無所属

作品一覧

Top