竹内栖鳳(たけうち せいほう)Seihou Takeuchi

元治1年(1864年)~昭和17年(1942年)
京都に生まれ、神奈川県湯河原で歿。
本名は恒吉。
土田英林に師事、のち四条派の幸野楳嶺の門に入り、早くから画才を認められた。
新古美術会、日本青年絵画共進会など各種の展覧会に出品。
 ​
1889年 中村岳陵に師事。日展に初入選。
1909年 第6回日展で「渓泉」が日展特選となる。朝倉賞受賞。
1913年 第8回日展で「女人」で特選を受賞するが肺結核のため1957年まで制作活動を中断する。
1919年 日展審査員となる。
1937年 日展を脱退する。

作品一覧

Top