上村松園(うえむらしょうえん)Syoen Uemura

明治8年(1875年)~昭和24年(1949年)
京都に生れ、奈良県生駒郡で歿。
本名は津禰(つね)。

1887年 京都府画学校(現京都市立芸術大学)に入学する。
鈴木松年(すずきしょうねん)に師事する。
1890年 3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品する。一等褒状受賞。
1893年 幸野楳嶺(こうのばいれい)に師事する。
1895年 楳嶺の死去。竹内栖鳳に師事。
1907年 文展の設立と同時に、出品する。三等賞を受賞する。
1916年 無鑑査となる。
1924年 帝展審査員となる。
1934年 帝展に『母子』を出品、帝展参与となる。
1935年 春虹会の結成に参加する。
1941年 帝国芸術院会員となる。
1944年 帝室技芸院となる。
1948年 文化勲章を受章(日本人女性として初)する。

内面的な深みのある女性像を、シンプルな線と明快な色彩で描いた近代日本の美人画家の代表的作家といえる。

作品一覧

Top