棟方志功 雷紋の柵

munakata01棟方志功作品

鐘溪頌 「雷紋の柵」
昭和20(1945)年 45.4×32.7㎝

 この作品は、棟方志功が戦後 最初に制作した大作で代表作となったシリーズ(鐘溪頌・全24柵)のひとつです。
 「此岸」に始まって「彼岸」で終わる全24柵は、まっ白な身体のもの、まっ黒な身体のものを交互に配置して、どこまでもつらなるような松模様のようにつくられている。
 第2回日展には、「貝族」「竜胆」「風聞」「雷紋」の4作品を出品し岡田を受賞している。
 また鐘溪頌は、二菩薩釈迦十大弟子とともにヴェネツィア・ビエンナーレに出品されてグランプリを受賞している。
 当画廊では、この作品を販売しております。お気軽にお問合せください。

記事一覧

Top